2010年05月18日

粘勝!ホークス撃墜す

 5月18日、阪神vs.ソフトバンク戦。
 阪神・久保、ソフトバンク・小椋の両投手が好投、タイトなゲームになった。
 三回、二死から藤川俊がフォアボールを選んで出塁、さらに盗塁を決めて好機を迎えると、マートンはライトフェンス直撃の大三塁打。1点を先制し、さらに追加点も期待されたが、平野はセカンドゴロに倒れた。
 四回裏、ヒットと二つのフォアボールで満塁のピンチとなり、柴原のタイムリーで同点に。ただ、藤川俊の好返球で二塁走者の多村をアウトにしたのが、後々大きかったと思う。
続きを読む
posted by よろず主人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(5) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。