2010年01月19日

1月17日という日に

 一夜明けてようやくちょっと落ち着いたが、今オフはいったい、どれだけの悲しみに耐えないといけないのだろう。'03年、'05年の優勝を支えたV戦士たちが次々とチームを去っていった。それだけでも寂しい思いを抱えていたのだが、昨日、小林繁さんが亡くなられたのを知ったときには、頭をガンと殴られたような気分だった。享年57歳とはいくらなんでも若すぎる。
  ジャイアンツの若きエースとして活躍していた小林さんが、タイガースに移籍することになった事情については、ここでは書かない。出演していたお酒のコマーシャルじゃないが、なんというか、彼ももうそのことからは解放されて然るべきだと思う。
 現役時代の小林さんは(今でもそうだが)スラリとしてとにかく格好良かった。細すぎて、ヘルメットをかぶった姿にエノキタケを連想したりした。しかし、闘志を前面に押し出して投げる姿は迫力満点で、時には帽子が飛んでしまうほどの熱投に何度も酔い痴れたものだ。うちには「亜紀子」の入ったLPレコードもあった。いずれレコードからCDへと時代は移り、また引越を繰り返したりしたこともあってか、今はどこへ行ったやら、となってしまったが。
 その小林さんの訃報記事の中で、一段と寂しさをかき立てられた言葉があった。サイドスロー、あるいは横手投げという言葉。確かに、今、映像を見てみると、小林投手の腕はほぼ真横から出てきているように見える。しかし、現役で活躍していた当時は、あのフォームをアンダースローと呼んでいたはずだ。「頼れるエースはアンダースロー」である。
 現役時代から苦み走った二枚目で、彫りの深い顔立ちはいつもどこかに陰影を宿らせていたが、彼の人生も光と影がいつも交錯していたようにも思う。
 不本意なトレードの結果とはいえ、読売、阪神と東西の人気球団でエースと呼ばれ、それぞれの在籍時に沢村賞を受賞するという希有の栄光を手にした。その一方で、大洋(現・横浜)戦で敬遠球を暴投し、サヨナラ負けを喫するという珍しい屈辱も味わった('82年の開幕戦での出来事。さすがにボロクソに言われてしまったが、この年に彼が記録した暴投はこの一球だけ、というのは反骨精神の強い彼ならではのエピソードではないだろうか)。
 引退後はスポーツキャスターなど、マルチタレント的に活躍したが、参院選に出て落ちたり、自己破産も経験するなど、まさに「禍福はあざなえる縄のごとし」を地でいく人生だった。
 '08年のオフに日ハムの二軍投手コーチに就任、来季に向けて一軍投手コーチに昇格、(今はなき)近鉄でコーチを務めたとき同様、梨田監督の下で腕をふるうことになっていた。
 今、この記事を書いていて、まさにある時代のプロ野球を象徴してきた人だとあらためて感じたが、思い出というと、帽子を飛ばし、汗を飛び散らせて熱投する、あの姿しか思い浮かばない。あの姿を思い出すと、今でも胸が熱くなり、涙がこぼれそうになる。
 そうそう、二枚目といえば、タイガースの真弓監督は彼と同じ年にトレードで阪神に来ている。また、引退後、同じ時期に(今はなき)近鉄バッファローズでコーチを務めた。これが人の縁というものかもしれない。
 縁といえば、奇しくも同じ1月17日に、ジャイアンツでエースとして活躍した桑田真澄さんのお父さんも亡くなられた。早くから早稲田進学を表明していた桑田さんをジャイアンツが強行指名、同じPL学園の清原選手が読売入りを熱望していたこともあって、江川事件ほどではなかったにせよ、世間の批判が高まったのだった。当時はお父さんも心を痛められただろう、と思う。
 ドラフト制度と人気球団の思惑…ハッキリ言ってしまえば、さまざまな欲が渦巻くなかでいろんな人が翻弄されてきたが、中でも大きな反響のあった二つの出来事の関係者が同じ日に…そして、この日は阪神・淡路大震災の起こった日でもある。なにか不思議な運命のからくりのようなものを感じてしまうのは、僕だけだろうか。この日付は、この先も永遠に大っ嫌いだ。
 そして最後に、故人のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。複雑な思いとともに、合掌。

posted by よろず主人 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小林繁氏が急死
Excerpt: 何気にサンスポのHPを開いたら、この記事がトップに…小林繁氏が急死…通算139勝、巨人と阪神で活躍 江川卓投手との交換トレードで阪神に移籍したことで知られる、巨人や阪神で投手として活躍した現日本ハム1..
Weblog: パイプの部屋
Tracked: 2010-01-19 07:33

小林繁氏が急死
Excerpt: 何気にサンスポのHPを開いたら、この記事がトップに…
Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース
Tracked: 2010-01-19 21:44

【訃報】日ハム・小林繁コーチ(57)
Excerpt: 今日はこっちの方に出かけていたんですが、そっちについての詳しいことは別エントリーを立てるとして、突然の訃報にビックリです。 ↓ ↓ 訃報:小林繁さん急死=57歳 巨人、阪..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2010-01-21 04:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。