2010年06月02日

荒れ荒れ大逆転

 6月2日、阪神vs.楽天戦。
 いやはやなんとも、双方とも四死球の多い試合でしたなぁ…。プロ野球やのに…ぶちぶち…くどくど…。
 先手をとったのは阪神。三回、先頭の城島がフォアボールで出ると、葛城三振、桜井サードゴロで二死二塁とする。打順はトップに帰って鳥谷。ツースリーから、この回二個目の四球を選んで、一、二塁とチャンス拡大。平野、マートンの連続タイムリーで2点を先制。
 しかし、楽天はその裏すぐに1点を返し、さらに五回には高須の適時打で2対2の同点に追いついてきた。
 七回の阪神、一死満塁で金本、新井が凡退。こういうチャンスを逃がした後は、絶対にやられるなぁ、と思っていたら、案の定、その裏、さっそく鉄平のタイムリーツーベースで3対2と逆転されてしまった。
 もうあかんな、と思っていたら、九回、今度はこちらにツキが回ってくる。先頭・鳥谷がフォアボール。代走、大和。盗塁を決めて無死二塁。平野がバントヒットで無死一、三塁。マートン三振の後、金本がライト前タイムリー、同点に追いついてなおも一死一、三塁。新井が初球をライトに犠牲フライ。4対3とした。ブラゼルが右翼手の頭を飛び越えるヒットでまたも一、三塁。城島がここで決定的なスリーランを放ち、7対3。最後は球児が締めてそのまま勝利をおさめた。
 大逆転勝利、ということになるのだが、敬遠も含めて四死球は合計13個。プロとしてどうなんや、これは?ま、そういう意味では、勝ち負けでは勝ったものの、楽天の試合につきあってしまった感じになってしまった。こんな試合してたらあかんよ。ちゃんとせな。

























posted by よろず主人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

阪神逆転勝ち、でも藤川投手まで出さなくても…
Excerpt:  一二三四五六七八九 計HE阪  神002000005 7121楽  天001010100 370 今日は阪神が逆転勝ちでした。私はほとんど試合を見ていま..
Weblog: 吉岡家一同おとうさんのブログ
Tracked: 2010-06-02 22:59

土壇場で逆転勝利
Excerpt: [画像] [画像] 楽天3−7阪神 阪 神 002000005=7 楽 天 001010101=3 通算=28勝23敗0分 交流戦=7勝9敗 対楽天4回戦(阪神2勝2敗) 【投手】 楽天=..
Weblog: 虎虎虎
Tracked: 2010-06-03 23:42

土壇場で逆転勝利
Excerpt: 楽天3−7阪神阪 神 002000005=7楽 天 001010101=3通算=
Weblog: 虎虎虎「ミラー版」
Tracked: 2010-06-03 23:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。