2011年05月10日

なるほどねぇ

 たぶん今、阪神タイガースに苛々しているファンの
多くは、戦績が悪いとかそういうことに苛ついてる
わけではないのだと思う。
 どうにも淡白で無策。ただ漫然とボールを投げたり
バットを振ったりしているだけに見えてしまう、そう
いうところにいらだちを感じているのだろうと思う。
 だが、選手はみんな、必死でがんばっているはずだ。
なのに、どうしてこうも、気持が感じられないのか。
勝ち試合でも、たまたまホームランがポコポコ出ただけ
みたいな感じ。強さを感じない試合ばかりではないか。
昔からのファンにとっては、ある意味、懐かしい光景
かもしれないが、なんで、こんな風になってしまった
のか、と嘆きつつも不思議に感じていた。
 ところが、最近、なるほどと得心がいったのである。
 それは、どうも調子の上がってこない小林宏之投手に
ついて、山口ピッチングコーチが話したというコメント
をスポーツ紙で見たときだった。
 いわく、「敗戦処理ではないけど、久保田、榎田と
絡めながら、いろいろ考えなあかん」と話したと報じ
られていた。
 かつて、岡田前監督(現オリックス監督)は、阪神
には、敗戦処理投手はいない、と語っていた。もちろん、
負けている場面で投げる投手はいる。だが、彼らは敗戦
処理ではない。なぜなら、どんな状況でも、決してあき
らめないのだから。あきらめないチームには、最初から
負け試合をただ昇華するためだけの投手は存在しない
のである。
 だが、真弓阪神の山口コーチは、堂々と、というか
いけしゃあしゃあと、というか、「敗戦処理」と口に
した。小林宏之は違うけど、敗戦処理は存在する。
 そういうわけで、あぁ、なるほどなぁ、と思ったので
ある。別に、投手コーチを批判したいわけでもない。
この言葉が、多分、象徴なのだ。負けている場面でマウ
ンドに向かうピッチャーの役割をどう考えるか、それは
多分、その試合の勝敗を分けるような大事ではない。
とても、小さなことなのだ。だけど、そんなちょっとした
ことがいろいろ積み重なって、無気力野球に見えるのだ。
あの、ギラギラした虎はもう見られないのか。野球は
喧嘩腰でやるものだと教えてくれた虎はどこに消えたの
だろう?























posted by よろず主人 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200154804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。